Written by Kosei Yayoshi

【神】ウォークマンA50シリーズにおすすめなイヤホン【レビュー】

EARPHONES

ウォークマンA50シリーズにおすすめなイヤホンを知りたい人「ウォークマンA50シリーズにおすすめなイヤホンを知りたい。A50シリーズは、癖が強すぎるウォークマンだけど、最適なイヤホンはあるのだろうか。ウォークマンA50シリーズにおすすめなイヤホンを教えて下さいな。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • ウォークマンA50シリーズにおすすめなイヤホンとは
  • ウォークマンA50と「KZ ZSX」におすすめな設定を公開

結論は、下記のツイートのとおり。

KZ ZSX、ソニーのウォークマン(A55)とめっちゃ相性いい。
ソニーのウォークマンは、低音が強すぎて、長時間使ってると耳が痛くなるけど、これなら快適に使える。KZ ZSXは、低音控えめなイヤホンだけど、低音強めのウォークマンと組み合わせることで、低音がいい感じのバランスになった。最強です

上記のとおり。SONYのウォークマンは、低音が強すぎて、少し使いにくさを感じていたんですよね。

そんなときに、低音控えめな、KZ ZSXを組み合わせたところ、ウォークマンの低音のうるささが軽減されて、神イヤホンと神ウォークマンに化けました。

というわけで、本記事では、「KZ ZSX」というイヤホンをレビューしていきます。

ウォークマンA50シリーズにおすすめなイヤホンとは

結論は、「KZ ZSX」です。

ウォークマンA50シリーズは、重低音すぎる

僕は、ウォークマンA50シーリーズの「NW-A55」を愛用しています。

Amazonのリンクだと上記の商品ですね。

このウォークマン、音に偏りがありすぎて、重低音過ぎるので、長時間使っていると、耳が痛くなります。(´;ω;`)

特に、イコライザの「ClearAudio+」を音にすると、低音が強調されすぎるので、音がこもって聞こえるんですよね。

いわゆる、ドシャリ系の重低音ォークマンです。

ウォークマンの音質は、かなりいいので、僕は、イコライザで低音を抑えて使っていました。

KZ ZSXは、低音控えめで物足りない

「KZ ZSX」を使ってみた感想は下記のとおり。

上記のとおり。低音、中音、高音がバランス良く聞こえるし、重低音ではないな、モニターヘッドホンぽいなという感じです。

とはいえ、少し低音に物足りなさを、感じます。

フィット感について

イヤホンの筐体は上記のとおり、少し大きめに感じるかもですが、フィット感が、すごくいいです。

3時間くらい連続で使っていても、耳が痛くならなかったので、長時間イヤホンを使う場合でも問題ないかと。

「KZ ZSX」+「ウォークマンA50シリーズ」= 神

僕が導き出した結論は、下記のとおり。

重低音ウォークマン + 低音控えめイヤホン = 神

ウォークマンA50シリーズと「KZ ZSX」は相性抜群です。

感想は、下記のツイートのとおり。

上記は、ウォークマンとKZ ZSXを試しに使ってみたところ、あまりの相性の良さに、勢いでツイートしてしまったツイートです。

音の良さを、文章で伝えるのには、限界があるので、この音のよさが、すべて伝わってないかもですが、僕の中で革命が起きました。

それくらい、相性がいいです。

価格は、5000円くらいです(2020/12/07現在)

「KZ ZSX」の価格は、5000円と、かなり安めです。

ぶっちゃけ、ソニー純正のイヤホンを買うなら、「KZ ZSX」を買ったほうがいいですよ。

僕は、1万円くらいの、ソニー純正のウォークマン専用イヤホン(ノイズキャンセル機能付き)を買いましたが、音質は、微妙でした。

なんというか、ソニーのイヤホンは、音に偏りがあるんですよね。低音を強調しすぎなので、音がこもって聞こえる感じです。

「KZ ZSX」は、5000円くらいなので、コスパもかなりいいですし、ウォークマンで音楽ライフと楽しむための投資だと思って、サクッとポチってしまいましょう。

色は、グレー、ピンク、グリーンの3色から選べます。

ウォークマンA50と「KZ ZSX」におすすめな設定を公開

僕が使っているウォークマンの設定を公開します。

イコライザの設定は「ClearAudio+」を推奨

イコライザの設定は、「ClearAudio+」を推奨です。

「KZ ZSX」以外のイヤホンだと、重低音過ぎて、音がこもってしまうのですが、「KZ ZSX」だと、ONにしても、重低音にはならないので、音が綺麗に聞こえます。

このあたりは、設定を色々と変えてみて、自分好みのイコライザを見つけるのが、ベストです。

本体設定で「その他のヘッドホン」を選択

本体設定でヘッドホンの種類を「その他のヘッドホン」に設定しておきます。

他のイヤホンでも問題なく音はなりますが、ウォークマンがイヤホンに合わせて、音を調節しているので、無難に「その他のヘッドホン」を推奨です。

Bluetoothレシーバーとして使うのが最強

余談ですが、Bluetoothでスマホと接続して、ウォークマンをBluetoothレシーバーとして使うのが最強です。

僕は、スマホでYouTube Musicを再生しながら、ウォークマンをBluetoothレシーバーとして使っています。

音声ファイルの管理はYouTube Music

ウォークマンを使っていると、分かりますが、音声ファイルの転送が、かなりめんどくさいんですよね。

なので僕は、ウォークマンに音声ファイルを転送していません。代わりに、YouTube Musicに音源をアップロードして管理しています。

YouTube Musicには、音声ファイルのアップロード機能があるのでYouTube Musicにmp3やwaveなどの音声ファイルをアップロードして、スマホで音楽を流しています。

記事で紹介したイヤホンとウォークマン

というわけで、以上で終わりです。
よい音楽ライフをウォークマンと「KZ ZSX」と共に(`・ω・´)ゞ