Written by Kosei Yayoshi

【最適】動画編集におすすめなイヤホンとは【選ぶポイントを解説】

EARPHONES

動画編集におすすめのイヤホンを知りたい人「動画編集におすすめなイヤホンを知りたいな。イヤホンってたくさん種類があるけど、どれを使うべきなのだろうか…。そもそも、動画編集におすすめのイヤホンとはいったい、、、。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 動画編集におすすめなイヤホンとは
  • 動画編集におすすめなイヤホンは「KZ ZSX」です

この記事を書いている僕は、イヤホンが好きなので、過去にSONYやパイオニアなど、複数のイヤホンを使用しています。

イヤホンによって、低音が強すぎたり、高音が刺さり過ぎたりして、自分好みのイヤホンが見つからないかなと、色々とイヤホンを試していたところ、「あ、このイヤホンは動画編集向けだな」と、感じたイヤホンを見つけたので、情報をシェアします。

ネタバレをすると、下記のツイートのとおり。

それでは、動画編集におすすめなイヤホンについて見ていきましょう。

動画編集におすすめなイヤホンとは

結論から書くと、動画編集におすすめなイヤホンは有線イヤホンです。

Bluetoothイヤホンは遅延がある

理由は簡単で、Bluetoothイヤホンには、音の遅延があるからです。

Bluetoothイヤホンで動画編集をすると分かりますが、音声と映像が遅延します。いわゆる音ズレですね。

動画に、効果音を付けたり、字幕をつける際に、音ズレがあると、まともに編集することができません。

なので、動画編集をするときは、有線イヤホンを使用しましょう。

よほど、高性能なBluetoothイヤホンでない限り、遅延が大きいので、動画編集するなら、有線イヤホンで推奨です。

動画編集におすすめなイヤホンの定義

動画編集におすすめな、イヤホンは下記のとおり。

  • 有線イヤホンである
  • 長時間つけていても疲れない
  • 低音、中音、高音がバランス良く聴こえる【音に偏りがない】

上記のとおり。特に、「長時間つけていても疲れない」と「音に偏りがない」という点が動画編集におすすめなイヤホンのポイントです。

簡単に深堀りしていきます。

有線イヤホンである

先程、解説したとおり、Bluetoothイヤホンは、遅延があるので、有線イヤホン推奨です。

長時間つけていても疲れない

動画編集には、それなりの時間がかかるので、「長時間つけていても疲れない」というのは、重要です。

付け心地が悪くて、耳が痛くなったりしたら、動画編集に萎えますよね。

また、イヤホンによっては、重低音イヤホンというのもありますが、ぶっちゃけ、重低音イヤホンは、動画編集向けではないので、おすすめは、できないです。

低音、中音、高音がバランス良く聴こえる【音質がいい】

これが一番重要です。僕は、趣味で動画編集をしているだけなので、プロの意見ではありませんが、

  • 低音
  • 中音
  • 高音

がバランス良く聞こえないと、動画の質を落としてしまうかもです。

この記事を読んでいる、読者さんも経験あるかもですが、YouTubeで

「お、これ気になるな」

と動画を開いてみたら、ノイズが酷くて

「あ、この動画はノイズが多くて、すこし聞きづらいな、やっぱ閉じよ」

となったり

「BGMと声のバランスが少し微妙。BGMうるさい」

と感じたことがあるかもです。

上記のとおり、動画編集に使っているイヤホンの、音質が悪かったり、音に偏りがあったりすると、見ていて不快な動画を編集してしまうかもです。

しかし、動画編集をするときは、音に偏りがなく、それなりの音質のイヤホンを使うと、視聴者が不快に思わない動画を作れるはず。

動画編集におすすめなイヤホンは「KZ ZSX」です

結論は、「KZ ZSX」です。

「KZ ZSX」を使ってみた感想は、下記のツイートのとおり

それでは「KZ ZSX」を簡単にレビューしていきます。

長時間付けていても疲れない

上記ツイートの画像では、少し大きめのイヤホンって感じですが、実際に付けてみると、フィット感がすごくいいです。

3時間位連続で、使ってみましたが、耳が痛くなることは、なかったので、装着感と音のバランスも悪くないです。

動画編集するときは、長時間作業になることが多いので、使っていて、疲れないというメリットは、大きいですね。

音が自然、バランスが良い【原音がそのまま聴こえる感じ】

「KZ ZSX」を使ってみて、驚いたのですが、音のバランスが凄く良いです。

もう一度、ツイートを引用しますね。

上記のとおり。このイヤホンを使うと、埋もれていた、音が聞こえるようになります。

音がクリアに聞こえて、こもっていないので、快適に動画編集ができるかなと。

なお、「KZ ZSX」は、重低音イヤホンではないので、音楽を聞く時に使用すると、若干低音に物足りなさを感じるかもです。この辺りは、好みの問題なので、僕と感想が違うかもです。

結論:完全に、モニターヘッドホンなので、動画編集向け

最後に「KZ ZSX」の特徴をまとめて終わりです。

  • 長時間つけていても疲れない
  • 有線イヤホンなので遅延がない
  • バランス良く音が聞こえる、音がこもってない

上記のとおり。動画編集向けですね。

YouTubeで、ノイズが大きい動画や、BGMがうるさい動画を見たいとは、思いませんよね。

質の良い動画を編集するための投資だと思って、サックとポチってしまいましょう。

以上で終わりです。
「KZ ZSX」を使って、快適な動画編集ライフを楽しみましょう。
それでは(`・ω・´)ゞ