Written by Kosei Yayoshi

【難易度高め】PCからstand.fmのライブ配信をやる方法【ゲーム実況可】

PC

PCからstand.fmのライブ配信をやりたい人「PCからstand.fmのライブ配信をやりたい。しかし、stand.fmは、PCからのライブ配信に対応していないので、スマホからでしか、配信できないなぁ。PCからライブ配信が出来たら便利なんだけど、なにか方法は、ないのかな?」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • PCからstand.fmのライブ配信を行う方法
  • ミキサーソフトを使って、パソコンの音をstand.fmで配信する方法
  • PCから、配信を行うときの注意点

こんにちは、ヤヨコウです。
この記事を書いている僕は、本記事に書いている方法で、PCから、stand.fmのライブ配信が行いえることを確認済みです。

公式がPCからの配信に対応してくれればいいのですが、(2020/10/20 現在)
対応していないので、PCから、stand.fmの配信をしたい方は、参考になるかと。

※本記事の内容は、若干難易度高めです。特に「» ミキサーソフトを使って、パソコンの音をstand.fmで配信する方法」は初心者には難しいかもです。

PCにアプリをインストールしたり、PCのサウンド設定をゴチャゴチャいじるので、何かわからないことがあっても、自分で、ググって解決できる方、向けに書いています。

全体の流れは、理解できるように書いたつもりなので、わからないことがあったらググって解決してください。

上記を理解した上で、ご覧いただけると幸いです。

PCからstand.fmのライブ配信を行う方法を解説

PCからstand.fmのライブ配信をする方法

  • 1.BlueStacksをPCにインストール
  • 2.BlueStacksの画質の設定を低く設定
  • 3.BlueStacksにstand.fmをインストール
  • 4.BlueStacksにレコーダーアプリをインストールしてマイクテスト
  • 5.stand.fmでライブ配信

BlueStacksというのは、Androidエミュレーターのことで、PCにBlueStacksをインストールすることで、PC上でAndroidアプリを動かすことが来ます。

Macにもインストールできるみたいですが、Macを持っていないので、stand.fmでライブ配信できるかは、確認できていません。

①BlueStacksをPCにインストール

下記の公式サイトにアクセスして、BlueStacksをダウンロードして、PCにインストールします。

②BlueStacksの画質の設定を低く設定

下記の記事(外部サイト)を参考に、画質の設定を低くしておきます。この辺りは、PCのスペックに合わせて、調整していきます。

③stand.fmをインストール

BlueStacksでプレイストアを開き、stand.fmをインストールします。

④BlueStacks:レコーダーアプリでマイクテスト

そのまま、実際に配信してみるのもいいですが、マイクテストをしておきましょう。プレイストアからレコーダーアプリをダウンロードして、録音します。stand.fmで配信したい音が録音できていれば、OKです。録音されている音が、そのままstand.fmでライブ配信されます。

⑤stand.fmでライブ配信

あとは、stand.fmのアプリを起動して、ライブ配信を開始すればOK。

ミキサーソフトを使って、パソコンの音をstand.fmで配信する方法

応用編として、PCの音をstand.fmで配信する方法を解説します。

下記方法を使うと、PCでmp3を再生して、好きなBGMを流しながら配信したり、ゲームの音だけ配信させたりすることが出来ます。

stand.fmでPCの音を配信する方法

  • 1.PCにVoiceMeeter Bananaをインストール
  • 2.BlueStacks:レコーダーアプリでマイクテスト
  • 3.stand.fmでライブ配信

上から順番に、解説していきます。

①PCにVoiceMeeter Bananaをインストール

下記の記事(外部サイト)を参考に、VoiceMeeter Bananaをインストールして、初期設定をしておきます。

このソフトの使い方を覚えないと、stand.fmでPCの音を配信することは不可能なので、下記の記事を読み込んで、頑張って理解しましょう。

僕も、初めは全く理解できなくて、理解するのに2時間くらいかかりました。

VoiceMeeter Bananaの使い方を覚えられれば、あとは、先程と同じなので、簡単です。

②BlueStacks:レコーダーアプリでマイクテスト

先程と同様に、レコーダーアプリでマイクテストをします。

③stand.fmでライブ配信

マイクテストで、配信したい音が録音されていれば、stand.fmで配信してみましょう。

PCから、配信を行うときの注意点

実際にPCから配信してみて、いくつか注意点があったので、まとめておきます。

PCから、配信を行うときの注意点

  • PCのスペックが低いと動かない
  • ゲームをするときは、音割れ、ノイズが入ることがある
  • そもそも、stand.fmが想定していない方法で配信している

上から順番に、簡単にまとめてみます。

PCのスペックが低いと動かない

BlueStacksは、そもそも、Androidエミュレーターなので、あまりにもパソコンのスペックが低いと、まともに動きません。

処理落ちしてしまうと、まともにライブ配信が出来ないので、パソコンのスペックが低い方は、ハイスペックなPCに乗り換えるか、諦めましょう。

画質の設定をしていないという方は、下記を参考に設定しましょう。

ゲームをするときは、音割れ、ノイズが入ることがある

普通に、パソコンからライブ配信するだけなら、なんの問題もありませんが、パソコンでゲーム(処理が重いゲームなど)をしながら配信する場合は、注意が必要です。Androidエミュレーターとゲームを同時に動かすので、パソコンには、それなりの負荷がかかります。

BlueStacksが処理落ちすると、stand.fmのライブ配信に、ノイズが入ったり、音割れが発生します。なので、ゲームをするときは、タスクマネージャーをひらき、パソコンの処理状況を見ながら、配信していくのが良いと思います。

ゲームの画質の設定を落として、BlueStacksの画質も落としておくと、処理を軽くできるので、ライブ配信中に、ノイズが入ったり、音割れすることを、防ぐことができると思います。

そもそも、stand.fmが想定していない方法で配信している

そもそも、stand.fmは、Androidエミュレーターを使い、パソコンから配信することを想定して作られていないと思います。なので、パソコンによっては、音質がすっごく悪くなったりするかもです。

また、iPhoneやAndroid端末での動作を前提に作られているので、ライブ配信中に、絵文字のコメントが表示されません。おそらく、BlueStacksが絵文字(環境依存文字)に対応していないのが原因です。

そもそも、本記事の難易度はかなり高めなので、「再現性はかなり低いんじゃないかな」と思っています。他にも、色々と使い勝手が悪いので、現時点では、stand.fmは、PCからの配信には向いていません。

というわけで、本記事は以上です。参考になれば幸いです。