Written by Kosei Yayoshi

安全に使えるパスワード管理アプリはBitwarden【安全性も解説する】

PC

安全に使えるパスワード管理アプリを知りたい人「安全に使えるパスワード管理アプリをしりたい。パスワード管理アプリって色々あって、どれを選べば良いのかわからないな。おすすめのパスワード管理アプリを知りたいです。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 安全に使えるパスワード管理アプリはBitwarden
  • Bitwardenがおすすめな5つの理由
  • Bitwardenの使い方を解説

この記事を書いている僕は、Bitwardenというパスワード管理アプリを愛用しています。

僕は、1年ほどBitwardenを使っていますが、特に不便に感じたことはありません。下記のような使い方なら、パスワード管理アプリはBitwardenでOKです。

  • クレカの情報を保存
  • セキュリティに関するメモを保存
  • アカウントのID、パスワードを保存
  • 住所や電話番号、免許証番号を保存

上記の用途であれば、パスワード管理アプリは、Bitwardenで十分です。

本記事では、Bitwardenがおすすめな理由と、Bitwardenの使い方を解説していきます。

安全に使えるパスワード管理アプリはBitwarden

結論は、Bitwardenがおすすめです。

Bitwardenは、無料で使えるパスワード管理アプリですが、使える機能は有料のパスワード管理アプリと同じです。

機能制限がなく、無料で使えるパスワード管理アプリとなると、Bitwarden一択です。

とはいえ、「無料のパスワード管理アプリは怪しい」と感じる人もいると思うので、Bitwardenの安全性と、Bitwardenがおすすめな理由を解説していきます。

Bitwardenがおすすめな5つの理由

Bitwardenがおすすめな理由は、下記のとおり。

  • Bitwardenはオープンソースソフトウェア
  • 無料なのに、機能制限なく使える
  • Bitwardenアカウントは2段階認証に対応済み
  • アプリが使いやすい【直感で操作できる】
  • PC、拡張機能、iPhone、Androidで使える

上記のとおり。Bitwardenには、基本的にメリットしかないので、上記を深堀りしていきます。

Bitwardenはオープンソースソフトウェア

Bitwardenは、アプリのソースコードが公開されているオープンソースソフトウェアです。

ソースコードが公開されているということは、アプリの透明性が保証されているということです。

どんなプログラムでアプリが動いているのか、すべて公開されているので、セキュリティ的にも安心して使えると思います。

Bitwarden以外のパスワード管理アプリは、オープンソースとして、アプリのプログラムを公開していないので、他のパスワード管理アプリと比較しても、Bitwardenの信頼性は高いですね。

Bitwardenのソースコードは下記より確認できます。
» Open Source | Bitwarden

無料なのに、機能制限なく使える

Bitwardenが無料で提供している機能は下記のとおり。

  • パスワードの生成
  • カード情報の保存
  • ログイン情報の保存
  • セキュアメモの保存
  • 住所や電話番号の保存
  • パスワードの自動入力
  • デバイス間のデータを同期

上記のとおり。パスワード管理アプリに必須の機能は、すべて揃っています。

ログイン情報の保存数に上限がなく、端末間(スマホとパソコンなど)でデータの同期を自動でしてくれます。

Bitwardenは、無料で上記のサービスを提供しています。

しかも、Bitwardenは、オープンソースソフトウェアなので、他のパスワード管理アプリよりも透明性が高いです。

これだけの機能が無料で使えるなら、有料のパスワード管理アプリと比較する必要はないですよね。

Bitwardenのアカウントは2段階認証に対応済み

Bitwardenのアカウントは2段階認証に対応済みです。

2段階認証の機能も、無料で使えるので、Bitwarden最強すぎですね。

アプリが使いやすい【直感で操作できる】

多分、ここが一番重要です。

Bitwardenは、海外のアプリですが、アプリはしっかりと日本語に対応しています。

アプリのUIは、とても分かりやすいので、直感で操作できます。

PC、拡張機能、iPhone、Androidで使える

Bitwardenは、複数の端末間でパスワードを同期することができます。

Bitwardenが対応している端末は下記のとおり。

  • Android
  • ios(iPhone、iPad)
  • Windows
  • Mac
  • Linux
  • Chrome拡張機能
  • Fire Foxアドオン

ほぼすべての、端末、OSに対応しているので、問題ありませんね。

アプリのUIも統一されているので、操作も迷わないと思います。

Bitwardenの使い方を解説

Bitwardenのアカウントを作成していない場合は、下記の公式サイトから、登録しておきましょう。
» Bitwardenの公式サイト

公式サイトは英語ですが、登録画面は日本語なので、公式サイトにアクセスしたら、[Create Your Free Account]をクリックすればOK。

アプリのダウンロード

Bitwardenのアプリは、下記よりダウンロードできます。

» Download | Bitwarden(PC版、ブラウザの拡張機能はこちら)

Bitwarden パスワードマネージャー

Bitwarden パスワードマネージャー
開発元:8bit Solutions LLC
無料
posted withアプリーチ

Bitwardenの使い方

  • パスワードの生成
  • ログイン情報の保存
  • アプリの設定【自動入力をON】

今回は、上記の基本的な操作を解説します。

パスワードの生成

Bitwardenを起動して、下のメーニューバーから、[パスワード生成]をタップ。

  • パスワードの長さ
  • 記号のや英数字の設定

上記2つの設定をして、パスワードをコピーをタップで完了。

無限にパスワードが作れます。

ログイン情報の保存

メニューバーから保管庫をタップして[+]をタップします。ログイン情報を入力したら、[保存]をタップして完了です。

ログイン情報を登録するときは、こんな感じ。

画面をスクロールすると上記のような感じ。Googleアカウントなどは、フォルダーを作っておいて、まとめておくと便利です。

他の情報を保存する場合

タイプで[ログイン]と表示されているところをタップすると、保存する情報を変更できます。

  • ログイン
  • カード
  • ID(住所や電話番号)
  • セキュアメモ

Bitwardenは、上記の情報の保存に対応しています。

アプリの設定【自動入力をON】

メニューバーで[設定]をタップします。

上記画像のように、設定しておきます。自動入力を有効にしておくと便利です。

保管庫のタイムアウトは、上記の画像では、ロック解除から15分で、再ロックされるように設定しています。

時間ロック or アプリの再起動時

保管庫のタイムアウトは、上記に設定しておけばOK

アカウントの2段階認証を設定してくと完璧です。

Bitwardenのアカウント設定もできるので、Bitwarednをインストールしたら、アカウント設定を確認しておきましょう。

ツールから、インポートを使うと、パスワードをファイルに保存してバックアップすることが来ます。

以上で終わりです。おすすめのパスワード管理アプリは、Bitwardenという、記事でした\(^o^)/