Written by Kosei Yayoshi

【Androidアプリ版】NordVPNの使い方と設定を解説した【画像付き】

VPN

NordVPNのAndroidアプリの使い方と、設定を知りたい方向け。

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • Androidアプリ版:NordVPNのインストールを解説
  • Androidアプリ版:初回起動とサインイン(ログイン)
  • Androidアプリ版:NordVPNの設定を解説したよ
  • 1でタップNordVPNに接続する設定をしよう

こんにちは、ヤヨコウです。
本記事では、画像付きで、NordVPNのAndroidアプリの使い方と設定を解説していきます。

本記事のポイント

流し読みでOKですが、上記3つが、Androidアプリの設定のポイントです。プレイスとで配信されている、NordVPNのアプリは、機能制限版なので、アプリのインストール方法から解説していきます。

特に「» 1タップでVPNに接続する設定」がこの記事の一番のポイントなので、ぜひご覧ください。

それでは、NordVPNの設定をしていきましょう。

Androidアプリ版:NordVPNのインストールを解説

NordVPNのアプリは、プレイストアからもインストールできますが、プレイストアで配信されてアプリは、機能制限版なので、公式サイトから直接apkファイルをダウンロードして、手動でインストールしましょう。

※2020/10/30 追記
機能制限版については、下記のツイートの通り

上記のとおりでして、NordVPNに問い合わせてみたところ「プレイストアで配信されているアプリは、広告ブロックの機能を削除した機能制限版」とのこと。

機能制限版でいいよという方は、設定に進みましょう。
» Androidアプリ版:NordVPNの設定を解説したよ

ぶっちゃけ、アプリのアプデが面倒なので、プレイストア版を推奨です。僕は、プレイストアで配信されている機能制限版を使っています。手動アプデは、まじで地獄ですよ。

NordVPN: 最優秀なVPNでセキュリティーを保護する

NordVPN: 最優秀なVPNでセキュリティーを保護する
開発元:Tefincom S.A.
無料
posted withアプリーチ

Android版:NordVPNインストール手順

  • ファイルマネージャーをインストール
  • NordVPN公式サイトから、apkファイルをダウンロード
  • ファイルマネージャーを通してNordVPNをインストール
  • プレイストアの自動更新を無効化する

上記を順番に解説していきます。

ファイルマネージャーをインストール

まずは、ファイルマネージャーというアプリを、プレイストアからインストールします。

ファイルマネージャー

ファイルマネージャー
posted withアプリーチ

NordVPN公式サイトから、apkファイルをダウンロード

» Androidに最適なVPNをここからダウンロード | NordVPN

上記のNordVPN、公式サイトにアクセスして、NordVPNアプリのapkファイルをダウンロードします。Chromeでダウンロードしようと画像のように、警告が出ますが、[OK]をタップしてダウンロードします。

ファイルマネージャーを通してNordVPNのアプリをインストール

ファイルマネージャーを起動して、NordVPNをインストールします。

ファイルマネージャーを起動して、[ダウンロード]をタップして、[NordVPN.apk]というファイルをタップします

apkファイルをタップすると、

セキュリティ上の理由から、お使いのスマートフォンではこの提供元からの不明なアプリをインストールすることはできません。

と表示されるので、[設定]をタップして、[この提供元を許可する]をONにします。

ファイルマネージャーを使って、apkファイルからアプリをインストールできるようになったので、[インストール]をタップして、NordVPNのアプリをインストールしていきます。

上記画像のように、「アプリをインストールしました。」と表示されれば、インストール完了です。

プレイストアの自動更新を無効化する

このままでは、プレイストアで最新バージョンのアプリが配信されたときに、機能制限版のアプリが上書きで更新されてしまうので、プレイストアの自動更新を無効化します。

自動更新の設定

下記のプレイストアのNordVPNのダウンロードページに行きます。

NordVPN: 日本の最優秀VPNアプリでオンラインセキュリティを強くする

NordVPN: 日本の最優秀VPNアプリでオンラインセキュリティを強くする
posted withアプリーチ

上記の画像のように、「自動更新の有効化」のチェックを外しておけばOK。

※アプリのアップデートについて

NordVPNアプリのアップデートは、NordVPNアプリから直接行います。アプリの最新版が配信されると、NordVPNのアプリが更新をお知らせしてくれるので、手動でアップデートします。アップデート方法はNordVPNのアプリが指示してくれるので、難しくはないです。

よくわからない、という方は、アプリの最新版が配信されたら、公式サイトからapkファイルをダウンロードして、更新すればOKです。プレイストアからアップデートすると機能制限版がインストールされてしまうので、、、。

Androidアプリ版:初回起動とサインイン(ログイン)

NordVPNに登録した、メールアドレスと、パスワードを入力するだけなので、簡単です。

[ログイン]をタップして、認証をする

ログインをタップします。ログインしようとすると、上記画像のように、人間であるか、確認してくるので、[私は人間です]をタップします。

上記画像のように、画像を選択して、と言われるので、画面の指示に従って、画像を選択して、認証を完了させます。

※認証画面が、表示されずに、そのままログイン画面が表示されることもあるので、認証画面がでたら、画面の指示に従って、認証を完了させればOK。

メールアドレスとパスワードを入力してログイン

NordVPNに登録している、メールアドレスとパスワードを入力して、[Log In]をタップして、ログインします。

NordVPNの接続リクエストを許可する

[クイック接続]をタップすると、「接続リクエスト」を求められるので、[OK]をタップします。

[OK]がタップ出来ないときは、ブルーライトカットアプリなどの画面をオーバーレイで上書きしているアプリをOFFにすると、タップできるようになります。

[接続リクエスト]を許可すると、自動的に、NordVPNに接続されます。これで、NordVPNが使えるようになりました。

Androidアプリ版:NordVPNの設定を解説したよ

画像を見せつつ解説していきます。

左上の歯車をタップして、設定画面を開きます。

[CyberSec]と[ローカルネットワークアクセス]

CyberSecについて

[CyberSec]は、広告をブロックしてくれる機能です。実際に使ってみるとわかりますが、広告をブロックしてくれたり、くれなかったりします。気まぐれの機能なので、ON,OFFどちらでも、変わりないです。

広告ブロックの機能は、プレイストアで配信されているアプリでは、広告ブロックが出来ないので、広告をブロックしたいなら、先程解説した「» Androidアプリ版:NordVPNのインストールを解説」を参考にapkファイルから、NordVPNをインストールしましょう。

ローカルネットワークアクセス

[OFF]でOK。

スプリットトンネリングの設定

選択したアプリは、VPNを通して通信をしなくなります。Amazon Primeなど、VPNを使うと、使えなくなるアプリを登録しておきます。

このあたりは、実際にVPNを使ってみて、使えないアプリが出てきたら、追加していきます。

スプリットトンネリングの設定方法

[スプリットトンネリング]をタップします。

Android端末にインストールされているアプリが表示されるので、VPNを通して、通信させたくないアプリを選択します。

上記画像のように、VPNを無効化したいアプリをタップすると、アプリが追加されます。選択を解除したいときは、アプリをタップすればOKです。

自動接続の設定

この機能は、[OFF]推奨です。ONにしてしまうと、後で紹介する、「» 1タップでVPNに接続する」方法が使えなくなってしまいます。

自動接続先のサーバーだけ、設定しておけばOKです。

自動接続先の設定

[自動接続先]をタップします。

色々と、サーバーが表示されるので、下にスクロールして、[日本]を選択します。

上記画像のように、

  • 自動接続を設定:OFF
  • 自動接続先:日本

に、なっていればOK。

VPNプロトコルの設定

[VPNプロトコル]をタップします。[使用推奨]を選択しておけばOK。

カスタムDNSの設定

基本的に、設定する必要は、ありません。カスタムDNSを使用すると、広告ブロック機能のCyberSecがOFFになります。

Googleの「8.8.8.8」やCloudflareの「1.1.1.1」を利用したいときは、カスタムDNSを設定することで、使用することが出来ます。

カスタムDNSの設定方法

[カスタムDNS]をタップします。[DNSアドレス]をタップして、設定したい、DNSアドレスを入力して、[保存する]をタップします。画像では、Cloudflareの[1.1.1.1]に設定しています。

なぜか、一つのDNSサーバーしか登録できないです。もしかしたら、登録する方法があるかもですが、僕には、わかりませんでした。

Kill Switch

かなり強力な設定なので、初心者は、絶対に設定しないほうがいいです。VPNの使い方に慣れていて、AndroidのVPNのキルスイッチを理解している人向けです。

キルスイッチをONにすると、VPN接続がないときは、ネットに接続できなくなります。また、スプリットトンネリングの機能も無効化されます。

Kill Switchの設定

[Kill Switch]をタップします。

設定方法と、注意事項が表示されるので、内容を理解してから、設定をしていきます。

キルスイッチの機能を理解したら、[ANDROID設定を開く]をタップして設定画面を開きます。

歯車をタップします。

「常時接続VPN」を[ON]にして、「VPNなしの接続をブロック」するをタップします。

「VPN接続を要求しますか?」と聞かれるので、[有効にする]をタップします。

上記画像のように、なれば、キルスイッチの設定完了です。

アプリのバージョンについて

上記画像のとおり、apkファイルからインストールしたアプリは、バージョンの末尾に[+sideload]と表示されます。

1でタップNordVPNに接続する設定をしよう

自動接続がONになっていると、通知領域のアイコンをタップしても、VPNの接続を切り替えられない(ON,OFFできない)ので、この機能を使うときは、「» 自動接続の設定」をOFFにする必要があります。

通知領域の設定

通知領域を表示させて、ペンマークをタップします。ペンマークをタプすると、アイコンが色々と表示されるので、NordVPNのアイコンを長押して、通知領域に移動させます。

1タップでNordVPNに接続

  • 1.通知領域を表示させます
  • 2.[クイック接続]をタップ
  • 3.[接続しています...]と表示されるので待つ
  • 4.[接続先:Japan #xxx]と表示される

VPN接続を切断したい場合は、[接続先:Japan #xxx]と表示されているところを、タップすることで、切断できます。

以上で終わりです。この記事が参考になれば幸いです。