Written by Kosei Yayoshi

【ProtonVPNの使い方】アカウントの登録、アプリの設定を解説

VPN

ProtonVPNへの登録方法と、Androidアプリ版:ProtonVPNの使い方を知りたい方向け

こんにちは、ヤヨコウです。
本記事では、ProtonVPNの使い方を徹底解説してきます。

本記事の内容

  • ProtonVPNの登録方法を解説
  • ProtonVPNアカウントの2段階認証の設定
  • Androidアプリ版:ProtonVPNの使い方を解説
  • Androidアプリ版:ProtonVPNの設定を解説
  • おまけ:1タップでProtonVPNに接続する設定

上記を画像つきで、分かりやすく解説していきます。

ProntoVPNの公式サイトやアプリは、すべて英語ですが、画像付きで日本語に翻訳しながら、解説していきます。

それでは、ProtonVPNを使ってみましょう。

ProtonVPNの登録方法を解説

画像をクリック、タップすると画像を拡大して表示できます。

ProtonVPNの公式サイトにアクセス

下記の公式サイトにアクセスして、[SIGN UP]をクリックします。[GET PROTONVPN NOW]をクリックでもOK

» ProtonVPN 公式サイト

ProtonVPNに契約したいプラン(無料)を選択

[GET FREE]をクリックして、無料プランに登録します。

無料プランの詳細

  • 1つのVPN接続(同時に接続できる数)
  • 3カ国のサーバー
  • 速度は普通
  • ログなし/広告無し

上記の通り、無料プランとは、思えないサービス内容ですね。特に「ログなし/広告なし」というのが魅力的です。

ProtonVPNは、ProtonMailという、メールサービスの運営元であるProton Technologies AGが運営するVPNサービスなので、安心してVPNサービスを利用することができますね。怪しい無料のVPNサービスを使うのは怖いですからね、、、。

ProtonMailのユーザー数

2019年9月の時点で、1500万人以上の利用者がいる[5]。
引用:ProtonMail – Wikipedia

上記の通りでして、ProtonMailのユーザー数は、かなり多いので、運営元の信頼性も高いと思います。

ProtonVPNにサインアップする(新規登録)

※アカウントを作成する前に、ProtonVPNの利用規約プライバシポリシーに、目を通りておきましょう。英語で書かれているので、Google翻訳などを使って、読みましょう。PCならChromeの拡張機能:Google翻訳を使うのがおすすめ

登録に必要な情報

  • ユーザー名
  • パスワード
  • メールアドレス

上記を入力して、[Create account]をクリックします。

ユーザー名は、ログインのときに必要になるので、Bitwardenなどのパスワード管理アプリにメモしておきましょう。

すでに、ProtonMailを利用している場合は、画像の左下の[Log in]をクリックしてログインします。

ProtonVPNのアカントを確認する

上記画像のように、アカウントを確認する画面になるので、メアドを入力して、[Send]をクリックします。

[Send]をクリックすると下記の画像のようになります。

先程入力したメールアドレスに、確認コードが送信されているので、確認コードを入力します。

確認コードが届かない場合は、[Did not receive the code]をクリックして、確認コードを再送してもらいます。

確認コード入力したら、[Verify]をクリックします。

ProtonVPN:アカウントの作成完了

確認コードを入力して[Verify]をクリックすると、上記画像のようになるので、しばらく待ちます。

アカウントが作成されると、下記のような画面になるので、これでProtonVPNのアカウントの作成が完了です。

ProtonVPNアカウントの2段階認証の設定

アカウントを作成すれば、すぐにProtonVPNを利用することができますが、ProtonVPNでは、2段階認証を設定することが出来るので、設定しておきましょう。

2段階認証には、Googleの認証アプリを使うので、ダウンロードしていない方は、下記よりダウンロードしておきましょう。

Google 認証システム

Google 認証システム
無料
posted withアプリーチ

①ログインして、アカウント設定の画面を開く

下記より、ProtonVPNにログインしておきます。

※ログインするときは、登録するときに使用したメアドではなく、ユーザー名を入力します。ProtonVPNに登録したメアドを入力してもログインできないので注意です。僕もログインで沼りました。

[Account]のタブを開いて、スクロールして[Two-factor authentication][✓]をクリックします。

②[NEXT]をクリック

[NEXT]をクリックします。

③QRコードを認証アプリで読み取る

画像のように、画面にQRコードが表示されるので、Googleの認証アプリなどで、読み取ります。読み取ったら、[NEXT]をクリックします。

QRコードが読み取れない場合は、[Enter key manually instead]をクリックして設定に必要なキーを入力します。

認証アプリ側の設定

[+]をタップします。

画像では、セットアップキーを入力を選択した場合です。QRコードをスキャンする場合は、読み込むだけで、アカウントを追加してくれます。

QRコードを読み込む(セットアップキーを入力する)と認証コードが表示されます。

④パスワードと2段階認証コードを入力して[Submit]をクリック

Protonアカウントのパスワードと、認証アプリに表示されている、認証コードを入力して、[Submit]をクリックします。

⑤リカバリーコードを保存する

2段階認証の設定が完了すると、リカバリーコードが表示されます。

下記より引用です。

重要 リカバリーコードを保存することを確認してください。
そうしないと、2段階認証デバイスを紛失した場合、永久アクセスを失う可能性があります。

2段階認証を有効にしたデバイスを紛失した場合は、これらのコードを6桁の2段階認証コードの代わりに使用してアカウントにログインすることができます。各コードは一度しか利用できません。

上記の通りです。こちらも、Bitwardenなどのパスワード管理アプリにメモしておきましょう。

バックアップコードを保存(メモ)したら[OK]をクリックして完了です。

Androidアプリ版:ProtonVPNの使い方を解説

引き続き画像付きで解説していきます。今回は、Androidアプリの使い方を解説していきます。

アプリをダウンロード

下記にアクセスして、ProtonVPNを使用したいデバイスを選択して、アプリをダウンロードします。

iosとAndroidの方は下記よりアプリをダウンロードできます。

ProtonVPN - 高速で安全なVPN

ProtonVPN – 高速で安全なVPN
posted withアプリーチ

ログインする

ProtonVPNに登録したユーザー名とパスワードを入力して、ログインします。

※先程も書きましたが、ログインするときは、登録するときに使用したメアドではなく、ユーザー名を入力します。ProtonVPNに登録したメアドを入力してもログインできないので注意です。僕もログインで沼りました。

7日間は有料プランを無料で試せる

ログインすると、フリートライアルを開始したと、表示されます。7日間の無料体験後は、自動で無料プランに戻るので、勝手に課金されることは、ありません。よくある、無料期間内に解約するのを忘れて、自動課金されてしまった、なんてことが起こらないので、安心して利用できますね。

下記に、日本語訳を載せておきます。

感謝の気持を込めて、7日間の無料お試し版をご用意しました。それはあなたが高度な機能とプラスサーバーを使用することができます。トライアル期間が終了すると、無料プランに戻り、無料サーバーへのアクセスのみとなります。

アプリ画面の説明

  • 1.接続する国を選択できます
  • 2.地図を使用して接続する国を選択できます
  • 3.設定を保存できます

ProtonVPNに接続

接続手順

  • 1.[COUNTRIES]をタップ
  • 2.画面を下にスクロースします
  • 3.[Japan]をタップ
  • 4.サーバーが表示されるので、下にスクロールします。
  • 5.[FREE SERVERS]が表示されるので、接続したいサーバーを選択
  • 6.[Connect]をタップ

初めてVPNに接続する時は、画像のように、接続リクエストが表示されるので、[OK]をタップします。

画像のように、[Connected to Japan]と表示されればOK。VPN接続を切断したい場合は、[DISCONNECT]をタップ

Androidアプリ版:ProtonVPNの設定を解説

アプリはすべて英語表記なので、下記の画像のように、左側に元の画像、右側に翻訳した画像を載せています。

ProtonVPN:Settings(設定)

デフォルトのままでOKです。

常時VPN接続やキルスイッチの設定を推奨してるブログもありますが、やらなくてOKです。

接続状況は、スマホの通知で常時確認できますし、キルスイッチをONにしていると、VPN接続が切れると、突然ネットに繋がらなくなります。キルスイッチをONにしていると常時VPN接続をしているという安心感を得られますが、接続が不安定になるとかなりストレスです。

※使ってみると分かりますが、正直使いにくい機能です。VPNは一度接続すると、アプリを終了するか、自分でVPN切断しない限り、接続されたままなので。(細かいところは、端末にもよりますが、、、)

最近のスマホのVPNは、VPNに接続したら、アプリを終了するか、自分で切断しないかぎり、VPNに接続されたままです。Wi-Fiを切り替えたり、モバイルデータに切り替えても、VPN接続はされたまま(切断されない)なのでキルスイッチをオンにする必要性は、ほぼ無いと思います。この辺は、自分の好きなように設定しましょう。

端末を再起動すると、VPN接続も切断されてしまうので、その点だけ注意すればOKです。

ProtonVPN:Account(アカウント)

アカウントの情報が表示されます。先程も書きましたが、7日間は、有料プランの試用期間なので、[Puls Trial]と表示されています。無料のトライアル期間を過ぎると、自動で無料プランに切り替わります。

ProtonVPN:Report bug(バグの報告)

バグの報告ができます。

おまけ:1タップでProtonVPNに接続する設定

おまけですが、VPNに1タップで接続する設定を紹介します。かなり便利な機能なので、設定しておいて損はないです。

この設定をすると、ProtonVPNのアプリを直接起動しなくてもVPNに接続することが出来ます。

※この設定は、たいていどのVPNアプリでも設定することが出来るので、覚えておくと便利です。有料VPNのNordVPNやExpressVPNでも設定可能です。

通知領域を表示させて、ペンマークをタップ

通知領域を表示させて、ペンマークをタップします。タップすると、画像のようになるので、[Quick connect ProtonVPN]を長押し、して通知領域に、移動させます。

1タップでProtonVPNに接続

  • 1.通知領域を表示させます
  • 2.[Quick connect]をタップ
  • 3.[Connecting]と表示されるので待つ
  • 4.接続したサーバーが表示される

VPN接続を切断したい場合は、[Connected:xxxx]と表示されているところを、タップすることで、切断できます。

※xxxxと表示されているところに、接続先のサーバー名が表示されます。画像は加工してサーバー名をxxxxと置き換えています。

以上で終わりです。よいVPNライフを!