Written by Kosei Yayoshi

【PC版】ExpressVPNの使い方とアプリ設定を解説した【画像付き】

VPN

PC版のExpressVPNの使い方と設定を知りたい方向け。

こんにちは、ヤヨコウです。
本記事では、PC版のExpressVPNのアプリの使い方を解説していきます。

本記事の内容

  • PC版:ExpressVPNアプリのインストールとサインイン
  • ExpressVPNの使い方
  • ExpressVPNの設定を解説したよ
  • ExpressVPNのその他の機能について解説【VPN接続テストツール】

上記をExpressVPNの実際の設定画面を、見せつつ解説していきます。

既に、アプリのインストールとサインインが完了しているという方は、
» ExpressVPNの設定を解説したよ」からご覧ください。

3分くらいで読み終わるかと、それでは見ていきましょう~

PC版:ExpressVPNアプリのインストールとサインイン

ExpressVPNアプリをパソコンにインストールしないと、ExpressVPNが使えないので、アプリをインストールしていきます。

1.ExpressVPNアプリのインストールファイルをダウンロード

下記のExpressVPNの公式サイトにアクセスして、ExpressVPNのインストールアプリをダウンロードします。

2.ダウンロードしたファイルをダブルクリック

ダウンロードしたファイルをダブルクリックして開きます。

3.[ユーザー アカウントの制御]が表示されるので[はい]をクリック

[ユーザー アカウントの制御]が表示されるので[はい]をクリックします。

4.[インストール中…]と表示されるので待つ

[インストール中...]と表示されるので待ちます。

5.[サインイン]をクリック

[サインイン]をクリックします。
[サインイン]をクリックすると、先ほどと同様に、[ユーザー アカウントの制御]が表示されるので、[はい]をクリックします。

6.アクティベーションコードを入力して[続行]をクリック

  • 1.[サインイン]をクリック
  • 2.アクティベートコードを入力して[続行]をクリック
  • 3.[サインイン中...]と表示されるので待つ

ExpressVPNのアクティベートコードは、下記のExpressVPNの公式サイトより確認できます。コピペして入力しましょう。

7.初期設定をしてインストールとサインインが完了

  • 4.[起動時に自動起動][OK]をクリック
  • 5.[ExpressVPNの改善に協力]は、好きな方を選択、僕は[いいえ]を選択しました
  • 6.⑥の画面になれば、インストールとサインインが完了

[起動時に自動起動][OK]を選択すると、パソコンを起動時に、自動でExpressVPNのアプリを起動してくれます。

[ExpressVPNの改善に協力]は、どちらを選んでもOK。ExpressVPNの改善に協力したい場合は、[OK]をクリック。

※上記設定は、設定から、いつでも変更可能です。

ExpressVPNの使い方

使い方は簡単です。

ExpressVPNに接続

電源マークをクリックすると、VPNに接続できます。

接続先の国を変更する

[≡]をクリックします。クリックすると、別のウィンドウで、[VPNロケーション]が表示されます。表示されている国から、接続したい国を選択しましょう。

すべてのロケーションをクリックすると、ExpressVPNを使用して、接続できる、すべての国を確認できます。

ExpressVPNの設定を解説したよ

ExpressVPNは、初期設定でも十分に使うことが出来ますが、設定をしっかりすることで、かなり使いやすくなるので、設定をしていきましょう~

それでは、ExpressVPNの設定を解説していきます。

設定画面の表示のさせかた

  • 1.右上の[≡]をクリック
  • 2.[オプション]をクリック

下記の画像のように、[ExpressVPN - オプション]のウィンドウが表示されればOK。

一般 – 設定

上記画像のように設定。

起動の設定

  • Windows起動時にExpressVPNを起動する
  • ExpressVPNを最小化して開始する
  • ExpressVPN起動時に最後に使用したロケーションに接続する

上記3つにチェックを入れることで、パソコンを起動すると、自動でExpressVPNに接続してくれようになります。

Network Lockの設定

  • VPNが予期せず切断された場合、すべてのインターネットトラフィックを停止する
  • ローカルネットワーク(プリンタやファイルサーバー)でのデバイスへのアクセスを許可する

上記2つにチェックを入れておけばOK。

[VPNが予期せず切断...]にチェックを入れておけば、ExpressVPNのアプリが突然停止してしまった時に、インターネットへのアクセスをすべてブロックしてくれます。(意図せずVPNなしでインターネットへアクセスしてしまうのを防げる。)

VPNアプリによくあるキルスイッチの簡易版ですね。

スプリットトンネルの設定

スプリットトンネルの設定は、選択したアプリでExpressVPNを通して通信をしないようにする設定ですが、基本的にしなくてOKです。

というのも、アプリの登録方法が、かなり難しいんですよね。この機能を使うには、アプリがインストールされているディレクトリを自力でさがして、アプリの実行ファイル(exeファイル)を直接選択しないといけないです。

ディレクトリとか、exeファイルがどこにあるなど、難易度が高すぎです。PCでVPNを通さずに通信したいときは、無難にVPN接続を切断しましょう。

アカウント – 設定

アカウントステータス

アカウントの設定ができます。[アカウントの管理]をクリックすると、ExpressVPNの公式サイトにアクセスします。[サインアウト]をクリックすると、アプリからサインアウト(ログアウト)できます。

有効期限は、ExpressVPNの契約期間です。契約期間を過ぎると、契約が自動更新されるか、ExpressVPNが使えなくなります。

契約の自動更新の設定は、下記のExpressVPN公式サイトより確認可能です。

お友達紹介

お友達にExpressVPNを紹介して、お友達が登録すると、双方に30日間の無料期間がもらえます。

周りに、VPNを使っていない人がいたら、ExpressVPNを紹介して、無料プランをゲットしてみるのもいいかもです。

プロトコル – 設定

[自動選択 (推奨)]を選択しておけばOK。

ショートカット – 設定

設定しなくてOK。そもそも、この機能を使う人は、いないと思います。

VPNに接続した時に、表示されるアプリのショートカットを編集できます。

ブラウザ – 設定

ブラウザに拡張機能をインストール出来ます。

ExpressVPNの拡張機能・アドオンを使うと、ChromeとFirefoのブラウザから、[VPNの接続状況を確認][VPNのON/OFF]ができます。接続状況を、ひと目で確認できる機能が、かなり便利なので、インストール推奨です。

拡張機能・アドオンは、下記よりダウンロードできます。

詳しい使い方は、別記事で解説予定です。

詳細 – 設定

ExpressVPNの改善に協力

[ExpressVPNの改善に協力]にチェックを入れると、ExpressVPNの改善に協力できます。ここは、好きなように設定すればOK。

IPv6漏洩保護

チェックを入れておけばOK。

ネットワークの設定

こちらも同様に、チェックを入れておけばOK。

ExpressVPNのその他の機能について解説【VPN接続テストツール】

主に、ExpressVPNに正常に接続されているかを、確認するツールの解説です。おまけ機能だと、思ってもらうといいかもです。

[≡]をクリックして、[ヘルプ&サポート]をクリックすると、機能が表示されます。

ExpressVPNのその他機能

  • 速度テスト
  • 診断情報

VPN接続テストの機能

  • IPアドレスチェッカー
  • DNS漏洩テスト
  • WebRTC漏洩テスト

上から順番に、解説していきます。

速度テスト

VPNの速度テストが出来ます。[≡]をクリックして[速度テスト]をクリックします。

[テスト実行]をクリックすると、VPNへの接続速度を測定できます。

※この機能は、VPN接続を切断していないと使用できません。

診断情報

よくわからない、ゴチャゴチャとしたログが表示されます。

IPアドレスチェッカー

現在のIPアドレスを確認できます。下記のサイトより確認できます。

DNS漏洩テスト

DNS漏れのテストが出来ます。ExpressVPNに接続されていると、上記画像のように表示されます。

WebRTC漏洩テスト

WebRTC漏れがテスト出来ます。ExpressVPNに接続されていると、上記画像のように表示されます。

下記の画像のように表示されていてもOKです。

以上で終わりです。よいVPNライフを!(`・ω・´)ゞ