Written by Kosei Yayoshi

【Androidアプリ版】ExpressVPNの使い方と設定を解説した【画像付き】

VPN

ExpressVPNのAndroidアプリの使い方と設定を知りたい方向け。

本記事では、Androidアプリ版のExpressVPNの使い方と、アプリの設定を解説していきます。

本記事の内容

  • Androidアプリ版:初回起動とサインイン(ログイン)
  • Androidアプリ版:ExpressVPNの設定を解説
  • 1でタップExpressVPNに接続する設定

こんにちは、ヤヨコウです。
本記事では、画像付きで、実際のアプリの画面を見せつつ解説していきます。

本記事では、ほぼ全ての設定を解説していきますが、ExpressVPNは、デフォルトの設定でも、問題なく使用することが出来るので、流し読みでOKです。

本記事のポイント

アプリのインストールが完了していて、サインイン(ログイン)は終わってるよ、という方は「» Androidアプリ版:ExpressVPNの設定を解説」からどうぞ。

設定も終わっている、という方は

上記3つをご覧ください。「» 1タップでVPNに接続する設定」がこの記事の一番のポイントなので、ぜひご覧ください。

それでは、ExpressVPNの設定をしていきましょう~

Androidアプリ版:初回起動とサインイン(ログイン)

下記よりExpressVPNのアプリをインストールします。

ExpressVPN - 信頼度No.1VPN

ExpressVPN – 信頼度No.1VPN
posted withアプリーチ

ExpressVPNにサインイン(ログイン)する

  • 1.[サインイン]をタップします。
  • 2.メールアドレスとパスワードを入力して[サインイン]をタップします。
  • 3.サインインが終わるまで待ちます。

※アプリを起動すると、自動でサインインすることがある、(僕の環境だと、初回起動のときに自動でログインされた)ので、手動でサインインしなくていい場合もあります。自動ログインされるときは、アプリを起動すると、いきなり③の画像のような画面になります。

VPNの接続リクエストを許可する

  • 4.[OK][協力しない]をタップします。(どちらでもOK)
  • 5.[OK]をタップします。
  • 6.[Ok]をタップすると、VPNの接続リクエストが表示されるので、[Ok]をタップします。

[OK]をタップすると、下記の画像のようになります。

ExpressVPNに接続

上記画像の通り、[タップして接続]をタップするとVPNに接続できます。

Androidアプリ版:ExpressVPNの設定を解説

設定のポイント

上記3つの設定を覚えておくと便利です。

左上の三本線をタップしてメニューを開いて、[設定]をタップします。タップすると下記のような設定画面が表示されます。

ExpressVPNの設定項目一覧

  • 自動接続
  • ネットワーク保護
  • スプリットトンネル
  • VPNプロトコル
  • アプリとウェブサイトのショートカット
  • ExpressVPNの改善に協力
  • 言語

上から順番に、解説していきます。

自動接続の設定

[Android起動時]をONにします。ONにすると、Androidを起動(再起動)したときにExpressVPNに自動で接続してくれます。

[信頼性の高いネットワークリストにないネットワークに接続する時]はOFFでOK。

ネットワーク保護の設定

画像の通りに設定すればOK。

[VPNに接続または再接続する時にインターネットをブロックする]をON
[ローカルネットワークでのデバイスへのアクセスを許可する]をON

[常にすべてのVPNなしのインターネットトラフィックをブロックする]は、基本的に設定しなくてOK。
この設定を有効にすると、ExpressVPNをオフした時(VPNを切断時)に、ネットへの接続がすべてブロックされます。ExpressVPNに接続していないと、ネットに接続できなくなるので、次に解説するスプリットトンネルという機能が使えなくなります。

スプリットトンネルの設定

指定したアプリで、ExpressVPNを通して通信ないように設定できます。

Prime Videoなどの、VPN接続をしていると使えなくなるアプリを登録しておきます。この辺は、実際にVPNを使ってみないとわからないので、使えないアプリが出てきたら随時追加していきましょう。

[選択中のアプリでVPNを使用しない]をタップして、VPN接続をしないアプリを選択します。アプリを選択するときは[+]をタップします。画像では、Prime Videoを選択しています。

ネットワーク保護の設定[常にすべてのVPNなしのインターネットトラフィックをブロックする]を有効にしている場合は、スプリットトンネルの機能は、無効化されるので注意です。

VPNプロトコルの設定

[自動(推奨)]に設定しておけばOK。

ショートカットの設定

上記は、デフォルトの設定ですが、この機能の使い方がよくわからないので、初期設定のままでOK。

ExpressVPNの改善に協力の設定

ExpressVPNに匿名の情報を贈りたくない場合はOFF。
ExpressVPNの改善に協力したい場合は、ON。

好きなように設定すればOK。

言語の設定

アプリの言語を変更できます。

1でタップExpressVPNに接続する設定

1タップでVPNに接続する設定を紹介します。かなり便利な機能なので、設定しておいて損はないです。

この設定をすると、ExpressVPNのアプリを直接起動しなくてもVPNに接続することが出来ます。

※この設定は、たいていどのVPNアプリでも設定することが出来るので、覚えておくと便利です。有料VPNのNordVPNや無料プランのあるProtonVPNでも設定可能です。

通知領域を表示させて、ペンマークをタップ

通知領域を表示させて、ペンマークをタップします。タップすると、画像のようになるので、[ExpressVPN]を長押し、して通知領域に、移動させます。

1タップでExpressVPNに接続

  • 1.通知領域を表示させます
  • 2.[VPNに接続]をタップ
  • 3.[接続中...]と表示されるので待つ
  • 4.[VPNを切断]と表示される

VPN接続を切断したい場合は、[VPNを切断]と表示されているところを、タップすることで、切断できます。

以上で終わりです。この記事が参考になれば幸いです。