Written by Kosei Yayoshi

【最強】田舎民の僕が田舎のイオンを紹介する【田舎あるあるまとめ】

LIFE

田舎のイオンのことを知りたい人「田舎のイメージって、田舎 = イオン、田舎のイオンは最強、田舎はイオンしか遊ぶ場所がない、って感じだけど、実際どうなの?実際に田舎に住んでいる人に聞きたいなぁ。」

こんな、疑問に答えます。

本記事の内容

  • 田舎のイオンが最強な理由
  • 田舎のイオンのお店を紹介する
  • 「田舎のイオンあるある」を5つ紹介する

こんにちは、ヤヨコウです。
田舎暮らし歴が18年になるので、田舎の友と呼べる、イオンについて僕の実体験を交えて紹介していきます。

田舎のイオンが最強な理由

結論から言うと、

  • 飲食
  • 遊び
  • 買い物

が一つの場所で出来る、複合商業施設だからです。
「え?これだけ」と思うかもですが、これだけです。田舎にも、カラオケやゲームセンター、飲食店などはありますが、お店同士の距離が遠すぎます。「お店同士の距離が…」と言われてもよくわからないと思うので、具体例を出しますね。

田舎で遊ぶとときの移動距離

カラオケ→自転車で1km移動→ゲーセン→自転車で2km移動→マクドナルド

上記のような感じで、田舎では、遊ぶ場所を変えるだけで、常に数キロ単位で、移動しなければいけないので移動に時間がかかります。なので、外出するとなると、どうしても移動時間がネックになってしまいます。しかし、イオンに行くと、移動時間ゼロで過ごすことができます。イオンの中には、本屋、スーパー、ゲームセンター、楽器のお店など、たくさんのお店が出店しているので、田舎の移動時間の問題を解決することができます。

なので、田舎のイオンは最強になるのです。

田舎のイオンのお店を紹介する

田舎のイオンは最強なので、お店を紹介します。

田舎のイオンのお店

  • 田舎のイオンでの「飲食」
  • 田舎のイオンでの「遊び」
  • 田舎のイオンでの「買い物」

上から順番に、紹介していきます。

田舎のイオンでの「飲食」

田舎のイオンには、広いフードコートがあります。

  • マクドナルド
  • サーティーワン
  • うどん屋
  • ステーキ屋
  • 銀だこ

など、メジャーお店が出店しているので、気軽に外食をすることができます。なので、外食に迷ったらとりあえずイオンに行けば、なんとかなります。また、イオンでは、フリーWi-Fiが飛んでいるので、フードコートは、ネットサーフィンをしながら、ダラダラと過ごすのに最適な空間です。

余談:東京に行ったときに、驚いたこと

都会のお店のフードコートは、まじで狭いですね。(煽ってるみたいに聞こえたら、ごめんなさいm(_ _)m)
田舎のフードコートは、スペースに余裕があるのか、広々としていて、かなりくつろげる空間です。田舎のイオンのフードコートには、壁際にソファーがついています。あと、お店によっては、畳の空間があります。和室の居間みたいな感じ。

田舎のイオンでの「遊び」

イオンには、かなり大きめのゲーセンがあります。マリオカートなどの、レースゲームがたくさんおいてあります。UFOキャッチャーも、たくさんおいてあって、夏になると、クワガタやお魚さんが、景品になっていたりします。たまに、ビンゴ大会も開催されていて、ビンゴになると、人気アニメ(SAOやリゼロ)のフィギュアがもらえます。

メダルゲームのコーナーは、「おじちゃん、おばちゃん」がたくさん遊んでいて、ゲーセン内でコミュニティが出来上がっています。最近は、釣りゲームが人気で大物が釣れると、メダルを大量に獲得できます。

田舎のイオンでの「買い物」

イオンにあるお店

  • 楽器屋
  • 服屋(ユニクロとか)
  • 無印良品
  • 家電屋
  • 本屋
  • 100円ショップ
  • スパー
  • 駄菓子屋

上記のような感じで、イオンに行けば買い物で困ることは、ほとんどないです。また、田舎のイオンには、至るところに、休憩スペースとして、ソファーが置いてあるので、することがなくても、ソファーに座って時間をつぶすことができます。

余談:ティッシュ配り、風船配りの、お兄さんとお姉さん

通路で、ウォーターサーバーや、Wi-Fiなどの、勧誘に捕まるとかなり厄介です。興味ないのに、セールストークを聞かされて、時間を奪われるので、、、。ティッシュや風船を配って、子供連れの家族を捕まえている姿をよく見かけます。僕は、コミュ障なので、話しかけられても、氷の精神でスルーです。

「田舎のイオンあるある」を5つ紹介する

田舎のイオンあるある一覧

  • 田舎のイオンはでかい
  • 顔見知りに遭遇する
  • ゲーセンには、コミュニティがある
  • 休日のフードコートは、家族連れと学生であふれる
  • イオンで一日を過ごせる

田舎のイオンはでかい

田舎のイオンは、お店もかなり広いですが、駐車場もバカみたいに広いです。お店自体もかなり大きいので、一つ一つのお店も広く作られています。多分ですが、都会のお店より大きいかもです。

お店が大きすぎるがゆえのデメリット

お店の移動がすべて徒歩

「え?これが」っておもったかもですが、これがかなり体にきます。普段は、引きこもり生活をしている僕ですが、イオンに行くと、必ずと行っていいほど、次の日は全身が筋肉痛になります。そのくらい、イオンは、広いです。

余談:田舎の移動手段

都会の、移動のほとんどは、電車か徒歩だと思いますが、田舎は違います。田舎の移動手段は、車かチャリの二択です。田舎での生活は、長距離移動が多いので、徒歩で移動してたら、一日が終わります。「バスで移動すればいいじゃん」とか「タクシーを使えばよくない?」と言われそうですが、田舎には、そもそもバス停なんてないですし、タクシー乗り場もありません。田舎なので、電車もありません。

まったくないわけでは、ありませんが、あったとしても、バス停で二時間待つとか当たり前です。あと、タクシーの料金が高すぎすぎるので、そもそも乗らないです。少し移動するのに700円とか使ってたら、多分、交通費で生活費がなくなります/(^o^)\。
田舎暮らしに、バスやタクシーはコスパ最悪です。

なので、田舎では、チャリがコスパ最強の移動手段です。

顔見知りに遭遇する

田舎には、イオンくらいしか、遊ぶ場所がないので、田舎に住んでいるほとんどの皆さんは、休日にイオンに行きます。なので、顔見知りに遭遇することが多々あります。運が悪いと、学校の先生に遭遇したりします。世間は狭いです。話したことはないけど、顔と名前は知ってるクラスメイトにあったときは、気まずすぎて速攻で、帰りたくなります。

ゲーセンには、コミュニティがある

先程少し触れましたね。これは、僕が住んでいる地域限定かもしれないですが、ゲーセンに行くとメダルゲームで遊ぶ「おじちゃん・おばちゃん」のコミュニティがあります。
おばちゃんたちは、毎日ゲーセンに通い、メダルゲームを極めています。

最近のゲームセンターは、メダルをゲーセンに預けることができます(メダルの銀行みたいな感じ)。なので、メダルを一日で使い切る必要ななく、うまく遊べば、一回メダルを買うだけで、あとは無料でメダルゲームが遊ぶことができます。メダルゲームは、時間つぶしに最適なのかもしれないです。

休日のフードコートは、家族連れと学生であふれる

休日のイオンのフードコートは、家族連れと、暇を持て余している、学生で溢れかえります。フードコートは、食事をしながら雑談するに、最適な空間なので、家族連れが多く利用しています。先程、紹介したとおり、イオンのフードコートはには、たくさんのお店が出店しているので、様々なものを食べることができます。また、イオンには、フリーWi-Fiがあるので、時間をつぶすのにもってこいのスペースです。

イオンで一日を過ごせる

田舎のイオンは、かなり快適です。

買い物→フードコートで休憩→ゲーセンで遊ぶ

みたいな感じで、イオンですべてを完結させることができるので、イオンで一日を過ごせてしまいます。イオンに行けばたいていなんでもありますし。田舎に住んでいると、休日にイオンに行くことが「あたりまえ」になります。

というわけで、田舎のイオンについて、僕の実体験を交えて簡単にまとめてみました。この記事をきっかけに、田舎のイオンのことを、知ってもらえたら幸いです😌

以上で、終わりです。