Written by Kosei Yayoshi

【最適】中国で使えるおすすめなVPNとは【アプリの使い方も解説】

VPN

中国で使えるおすすめなVPNを知りたい人「中国で使えるおすすめVPNを知りたい。VPNサービスって色々あるけど、どれを選べば良いのかな。中国で使えるおすすめVPNの使い方も教えて下さいな。」

本記事の内容

  • 中国で使えるおすすめVPNとは
  • 中国で使えるおすすめVPN3選【アプリの使い方も解説】
  • その他:中国で使えるVPNまとめ【おすすめではない】
  • 中国に行く前に、VPNの設定をしておくこと

VPNサービスの中には、中国などでアクセス制限を回避するための機能を持った、VPNがあります。

本記事では、中国などで、アクセス制限を回避するための機能を持った、おすすめのVPNサービスをまとめました。

中国で使えるおすすめVPNとは

結論から書くと、下記のとおり。

  • 「Shadowsocks」に対応している
  • サポートが日本語で受けられる
  • 中国の決済サービスに対応している

上記のとおり。

Shadowsocksは、VPNではなく、プロキシですが、本記事では、VPNサービスとして扱っていきます。

Shadowsocksに対応している

Shadowsocksとは、中国のグレートファイアウォール(GFW)を突破するために開発されたプロキシです。

Shadowsocksは、通信速度が早く、安定性が高く、セキュリティ的にも優れているのが特徴です。

Shadowsocksは、オープンソースソフトウェアなので、誰でも、ソースコード(どんなプログラムで動いているのか)を見ることができ、VPNに置き換わる、技術として、現在も開発されています。

GitHubで、ソースコードが公開されています。
» shadowsocks | GitHub

サポートが日本語で受けられる

中国でのVPN規制は、いたちごっこなので、

VPNを規制→VPNサービスが制限を回避→VPNを規制

の繰り返しです。

中国では、政治的なことが影響して「一時的にVPNが使えなくなる」ということが、よく起こります。

このあたりは、サポートやヘルプページが充実していると、接続問題を解決しやすいかなと。日本語対応していると安心です。

とはいえ、一時的に繋がらなくても、時間をあけると、繋がるので、サポート面にこだわらなくてもいいかなと。

中国の決済サービスに対応している

中国で、VPNに課金するには、中国の決済サービスに対応していると便利です。

このあたりは、中国に行く前に、VPNに課金しておけば、気にする必要はありません。

中国で使えるおすすめVPN3選【アプリの使い方も解説】

中国で使えるおすすめVPNは、下記のとおり。

中国で使えるおすすめVPN

  • UCSS←中国で快適にネットを使いたい人向け【Shadowsocks専用】
  • Surfshark←容量無制限で、格安で「Shadowsocks」を使いたい人向け。設定が面倒
  • NordVPN←容量無制限で、簡単に「難読化サーバー」を使いた人向け

上記のVPNサービスは、Shadowsocks、難読化サーバーに対応しているVPNです。

NordVPNの難読化サーバーとは、Shadowsocksと似た機能をもった、NordVPNの専用サーバーのことです。

中国で快適にネットを使いたいならUCSS。

通信容量無制限で、コスパよくVPNを使いたいなら、SurfsharkかNordVPN、といった感じです。

それでは、順番に紹介していきます。

VPNの利用料金

中国で使えるおすすめVPNの利用料金は、下記のとおり。1ヶ月あたりの価格です。

1ヶ月 中期プラン 長期プラン
UCSS なし 1260円~(3ヶ月)
50GB~
945円~(1年)
50GB~
Surfshark 1340円 670円(6ヶ月) 230円(2年)
NordVPN 1280円 600円(1年) 400円(2年)

対応している支払い方法

クレカ・PayPal 中国の決済サービス その他
UCSS 対応 Alipay
WeChatPay
なし
Surfshark 対応 なし Google Pay
AmazonPay
暗号通貨
NordVPN 対応 UnionPay Google Pay
AmazonPay
暗号通貨

UCSS←中国で快適にネットを使いたい人向け【Shadowsocks専用】

中国で快適にネットを使うなら、UCSSを選べばOK。

UCSSは、中国での使用に特化したVPNなので、その性能は折り紙付きです。

UCSSは、中国から海外へのアクセス制限、通称、グレーとファイアウォール(GFW)を、突破するために開発された、専用のプロキシShadowsocksを使うことが出来ます。

Shadowsocksについては、専門的な内容なので、深く理解する必要は、ありませんがShadowsocksについて、簡単に説明すると、

通信内容を暗号化して、通信内容を隠して通信することで、グレートファイアウォールを突破する機能

といった感じです。

詳しくは、ググってみてください。

UCSSの特徴

  • 日本語サポートが受けられる
  • 通信速度が早い←YouTubeなどで動画を快適に見れる
  • 通信容量に制限がある←最低プランで50GB使える(普段使いなら十分)

上記の通りです。

公式サイトも日本語に対応していますし、お問い合わせも日本語に対応しています。

UCSSは、中国での使用に特化したサービスなので、快適度は、他のVPNサービスを超えています。

Shadowsocksは、中国でネットを快適に使うために開発された技術なので、通信速度を落とすことなく、ネットを快適に使えます。

UCSSの通信容量

UCSSには、通信容量に制限がありますが、UCSSの公式サイトによると

おおよその目安ですが、月間50GBで画質がHD (720p)のYoutube動画を1日約2時間程度鑑賞出来る通信量になります。SNSのチェックや、軽く動画を見ると行った用途の場合は50GBで不自由なくご利用頂けます。
FAQ – よくある質問 | UCSS

とのことなので、通信容量が不安という人は、下記を参考に、データー使用量を調べつつ、プランを選べばいいかなと。

Androidは、機種によって、設定画面が違うので、設定で「データー使用量」と検索すると、確認できると思います。

僕の場合は、スマホとPC両方あわせて、過去30日間の使用量が、130GBくらいでした。内訳は、PCが80GBくらい、スマホが50GBくらいです。

YouTubeやNetflixで動画を見るくらいなら、100GBプランか200GBプランを選べば問題ないかなと。

UCSSの使い方

下記は、UCSSの公式サイトです。日本語でアプリの設定方法、使い方が解説されています。
» 設定ガイド | UCSS

UCSSの公式ガイドは、画像つきで、分かりやすく解説されているので「VPNを初めて使う」という方でも安心です。

UCSSを試してみる

UCSSは、中国に特化したVPNというだけあって、他のVPNサービスよりも、かなり安定しています。

UCSSを使っていて、「ネットにアクセスできない」というときは「UCSSのお知らせ」見てみると、サーバーメンテなどの状況を確認できます。

サポートも日本語に対応しているので、何か問題があっても安心です。
» UCSSを試してみる※中国での使用に特化したVPN(プロキシ)

UCSSの公式サイトにアクセスすると、サイトが英語で表示されますが、右上の「地球アイコン」をクリックすると、日本語表記にできます。

あとは、「オーダーフォームへ」をクリックして、プランを選択すればOK。

UCSSの詳細を知りたいという人は、左上の「UCSS」のロゴをクリックすることで、UCSSの紹介ページに移動できます。

3ヶ月プランか1年プランを選べます。

100GBか200GBプランを選べばOK。

UCSSを使って、中国で快適なネットライフを送りましょう~。
» UCSSを試してみる※中国で快適なネットライフが送れます

Surfshark←容量無制限で、格安で「Shadowsocks」を使いたい人向け。設定が面倒

中国に長期滞在する予定でコスパを求めるなら、Surfsharkが最適です。

Surfsharkは、UCSSが採用している、Shadowsocksプロトコルを容量無制限で、格安で使うことが出来ます。

ただ、Surfsharkで、Shadowsocksを使うのには、少し設定が必要です。

Surfsharkの特徴

  • 日本語サポートが受けられる
  • 通信容量に制限がない【容量無制限】
  • 長期プランの利用料金が安い【月額200円くらい】
  • UCSSが採用している「Shadowscoks」を格安で使える
  • 「Shadowscoks」の設定が面倒

上記のとおり。

Surfsharkは、UCSS同様、サポートが日本語対応しています。

特に、UCSSが採用しているプロキシの「Shadowscoks」を容量無制限で、格安で使えるというのがポイントです。

「Shadowscoks」について

Shadowscoksについて、Surfsharkの公式サイトから引用すると下記のとおり。公式サイトは、英語なので、日本語に訳して引用してます。

Shadowsocksは暗号化されたプロキシで、いわゆるグレートファイアウォール(金盾)を乗り越えるために特別に設計されています。
Protocolos VPN: IKEv2, OpenVPN, Shadowsocks – Surfshark

要するに、Shadowscoksというのは

「中国でアクセス制限を回避できる機能(プロキシ)」

ということです。

Surfsharkは、UCSSも採用している「Shadowscoks」を容量無制限で、格安で使うことが出来きるので、中国で使えるコスパ最強のVPNという訳です。

Surfsharkの利用料金

長期プランは、利用料金が安く、2年プランだと、月額200円ほどで使うことが出来ます。

他のVPNサービス(UCSSやNordVPN)と比較しても、かなり破格です。

Surfsharkで「Shadowscoks」を使う場合

Surfsharkで、中国でアクセス制限を回避するためのShadowscoksを使うためには、設定が必要です。

設定が必要とはいっても、設定ガイドを真似すれば、簡単に設定できるので、難しくはありません。

公式サイトは、英語なので、Chromeに「Google翻訳の拡張機能」をインストールして読むと簡単です。

設定方法は、Surfsharkにログインして

  • ポート(数字)
  • ホスト名(◯◯.comなど)、PCならIPアドレス
  • パスワード

をコピペするだけで設定完了です。

Surfsharkを試してみる

Surfsharkは、中国に長期滞在するなら、コスパ最強のVPNです。

2年プランは、月額200円ほどで「Shadowscoks」を容量無制限で使うことが出来ます。

また、Surfsharkの長期プランには、30日間返金保証があるので、「お試しで使ってみる」というのもいいかなと思います。

Surfsharkには、通信容量に制限がないので、「YouTubeやNetflixをよく使う」という人向けですね。

中国に長期滞在する予定で、コスパを求めるユーザーに最適です。

» Surfsharkを試してみる※30日感返金保証あり(長期プランのみ)

NordVPN←容量無制限で、簡単に「難読化サーバー」を使いた人向け

NordVPNは、Shadowscoksと似た機能の「難読化サーバー」を使うことが出来ます。

NordVPNの難読化サーバーは、NordVPNの専用アプリから、簡単に接続できるので、Surfsharkのような面倒な設定不要で使えます。

NordVPNの特徴

  • サポートが英語のみ
  • 通信容量に制限がない【容量無制限】
  • 「難読化サーバー」が使える【NordVPNの専用サーバー】
  • 日本語対応が微妙【PC版は英語、スマホアプリは日本語】

上記のとおり。NordVPNは、日本語対応が微妙です。スマホアプリは日本語でが、PCアプリは英語です。

サポートとアプリが英語なのは、慣れれば問題ないので大きなデメリットではないです。

NordVPNの難読化サーバーは、容量無制限で使うことができ、簡単な設定で使えます。

NordVPNの難読化サーバーとは

NordVPNは、Shadowsocksに対応していませんが、難読化サーバーという、専用サーバーを使うことが出来ます。

難読化サーバーは、中国などで、アクセス制限を突破するための、NordVPNの専用サーバーです。

機能的には、Shadowsocksと似ています。

NordVPNの難読化サーバーについては、下記のNordVPN公式サイトをご覧ください。
» 難読化サーバーの説明と使用方法 | NordVPN

NordVPNの難読化サーバーの使い方

「難読化サーバー」の使い方は、下記のNordVPN公式ガイドをご覧ください。
» How to enable or disable Obfuscated servers? | NordVPN

難読化サーバーの設定方法を要約すると

  • 1.VPNプロトコルをOpenVPN(UDP,TCP)に設定
  • 2.PCの場合は「Advance」の設定から「Obfuscated servers」をONにする。(iOS、Androidは不要。)
  • 3.専用サーバーに「Obfuscated servers」が表示される
  • 4.接続先の国を選択して接続

上記のとおり。VPNプロトコルは、OpenVPNに設定します。(UDP、TCPどちらでもOK)

NordVPNを試してみる

NordVPNは、簡単な設定で難読化サーバーを使うことが出来ます。

利用料金も、長期プランになると、月額400円ほどなので、コスパも悪くないです。

中国に長期滞在する予定で、容量無制限で、簡単に難読化サーバーを使いたい、という人に最適です。
» NordVPNを試してみる※30日感返金保証あり

その他:中国で使えるVPN【おすすめではない】

下記のVPNはおすすめしません。

上記のVPNサービスは、運営元が日本にあるというのが、メリットですが、わざわざ選ぶようなメリットは、ありません。

このあたりは、好みの問題なので「僕は選ばない」というだけです。

簡単に、メリット・デメリットをまとめてみます。

Millen VPNは、公式のヘルプページにも書かれているとおり、中国で使えません。

2020/10/20 現在 政府当局によるインターネット規制の影響により「中国(本土)」からMillen VPNのVPNサーバーへのアクセスが出来ないことを確認しております。中国(本土)からのVPN接続をご検討されている方はご注意ください。
全ての国でVPNを利用できますか? – Millen VPN ヘルプセンター

ExpressVPNについて

ExpressVPNについて、触れていませんが、ExpressVPNは中国向けではないので、おすすめしません。

一応、繋がるとは、思いますが、快適に使えるわけではありません。

「セカイVPN・月餅VPN」のメリット

  • 運営元が日本にある、サポートが日本語
  • 中国で使っている人が多い

運営元が日本にある、サポートが日本語

セカイVPNと月餅VPNは、運営元が日本にあります。

運営元が日本にあるからと言って、特にメリットがあるわけではないので、このあたりも好みの問題です。

中国で使っている人が多い。

ネットの情報なので、詳しくは知りませんが、中国でのユーザー数が多い印象です。

「昔から、使われている」という理由もあると思いますが、UCSSが登場した今、あえてセカイVPNや、月餅VPNを選ぶメリットはないです。

「セカイVPN・月餅VPN」のデメリット

  • Shadowscoksに非対応
  • 長期プランのコスパが微妙
  • ユーザーの通信内容、IPアドレスを記録する

上記のとおり、デメリットが多いです。

Shadowscoksに非対応

セカイVPNと月餅VPNは、中国でネットを快適に使うために必須といえるShadowscoksを使うことが出来ません。

UCSSとSurfsharkは、「Shadowscoks」に対応しています。

NordVPNは、Shadowscoksの代わりに、NordVPNの専用サーバーの難読化サーバーを使うことが出来ます。

※月餅VPNは、Shadowscoksに対応していたようですが、対応をやめたみたいです。

月餅VPNでは規制対策のため、VPN規制が入った場合V2Rayを最優先にメンテナンスします。またPPTP/L2TP/OpenVPN/SoftEther/ShadowSocksの提供は終了させていただきます。
VPN設定方法 | 中国ネット規制を突破する月餅VPN

長期プランのコスパが微妙

セカイVPNと月餅VPNは、長期プランが少し割高です。料金を比較すると下記のとおり。1ヶ月あたりの価格です。

1ヶ月 中期プラン 長期プラン
UCSS なし 1260円~(3ヶ月)
50GB~
945円~(1年)
50GB~
NordVPN 1280円 600円(1年) 400円(2年)
Surfshark 1340円 670円(6ヶ月) 230円(2年)
セカイVPN 1100円 なし なし
月餅VPN 1100円 990円(3ヶ月) 935円(6ヶ月)

上記のとおり。長期プランのコスパを求めるなら、Surfsharkの一択のです。

セカイVPNと月餅VPNは、料金が割高な上にShadowscoksに対応していないので、コスパも微妙です。

ユーザーの通信内容、IPアドレスを記録する

セカイVPNと月餅VPNは、ユーザーの通信内容・IPアドレスを記録します。人によっては、一番のデメリットかもです。

運営元が日本にあるので、仕方のないことですが、「VPNの運営元に通信内容を見られる」というのが、嫌なら選ばないほうが良いです。

UCSSやSurfshark、NordVPNは、ユーザーの通信内容やIPアドレスを記録しないとしているので、僕なら、迷わず「UCSS・Surfshark・NordVPN」を選びます。

※UCSSは、韓国サーバーのみログを記録します。

まあ、普段ネットを使っているときも、プロバイダに通信内容を記録されているので、どうでもいい人にとっては、どうでもいいことです。

とはいえ、VPNの運営元に通信内容を見られたくないなら、無難にUCSSやNordVPNなど、海外が運営しているVPNを使うことを推奨します。

中国で使うなら「UCSS・Surfshark・NordVPN」が最強

快適にネットを使うなら「UCSSの100GB」プラン。

容量無制限でコスパを求めるなら、Surfshark、NordVPNを選択です。

「UCSS・Surfshark・NordVPN」のメリット

  • アプリが使いやすい
  • 長期プランの利用料金が安い
  • 日本語サポートが受けられる(NordVPNのみ英語)
  • 「ShadowSocks」や「難読化サーバー」を使える

上記のとおり。

サーバーの安定性からも、UCSSを選んでおけば失敗はしないかなと。

UCSSには、通信容量に制限がありますが、100GBプランか200GBプランを使えば問題ないでしょう。

Surfsharkは、設定が面倒というデメリットがありますが、容量無制限で、格安でShadowSocks、を使えるので、デメリットを十分カバーできます。

NordVPNは、アプリから簡単に難読化サーバーに接続できます。UCSSに至っては、公式ガイドが充実しているので、設定も簡単です。

中国に行く前に、VPNの設定をしておくこと

このあたりは、VPNを使い慣れているならスルーでOKです。

PCやスマホにアプリをインストールしておく

中国からだと、VPNサービスによっては、公式サイトにアクセスできなかったりするので、中国に行く前にPCやスマホにアプリをインストールをしておきます。

中国のApple Storeでは、VPNアプリがダウンロード出来ないかもなので、中国に行く前にダウンロードです。

Googleプレイストアは、そもそも中国では使えません。

必要最低限のアプリの設定をしておく

Surfsharkで「Shadowscoks」を使うには、設定が必要です。

アプリの設定をしないと中国でVPNを使っても、ネットにアクセスできません。

UCSSとNordVPNは、設定が簡単なので「Shadowscoks」、「難読化サーバー」を使えるので、このあたりは、問題ないかなと。

VPNを使っているのに、中国でネットにアクセスできない場合は、「Shadowscoks」や「難読化サーバー」がONになっているか確認です。

アプリの使い方を覚えておく

当たり前ですが、アプリの使い方が分からないと、VPNが使えません。

UCSSやSurfshark、NordVPNのアプリは、直感で操作できるシンプルなUIなので、

「使い方がわからなくて困る」

ということは、無いと思いますが、アプリの使い方を覚えておくと安心です。

まとめ:中国で使えるおすすめのVPN3選

最後にまとめです。中国で使えるおすすめVPNは、下記のとおり。

  • UCSS←中国で快適にネットを使いたい人向け【Shadowsocks専用】
  • Surfshark←容量無制限で格安で「Shadowsocks」を使いたい人向け。設定が面倒
  • NordVPN←容量無制限で、簡単に「難読化サーバー」を使いた人向け

結論は、中国で快適なネットライフを送りたいなら「UCSSの100GBプラン」を使う。

容量無制限でコスパを求めるなら、「Surfshark」か「NordVPN」を使うです。

UCSSを選べばOK

UCSSは、中国での使用に特化したVPN(プロキシ)です。

UCSSは、最近登場したVPN(プロキシ)ということもあり、知名度は低いですが、サービス内容は、他のVPNサービスを軽く超えています。

中国で快適なネットライフを送りたいのなら迷わずUCSSです。
» UCSSを試してみる←中国でネットを快適に使いたい人向け。「Shadowscoks」を標準装備。速度も爆速で快適。

UCSSのサイトを日本語で表示させるには、「地球アイコン」をクリックです。

UCSSの詳細を知りたい人は、左上の「UCSS」のアイコンをクリックすると、紹介ページに移動できます。

3ヶ月プラン、1年プランを選べます。

50GB~500GBまで選べます。200GBプラン以降は、料金が高めなので、無難に100GBプランを選択です。

容量が不安というひとは、下記を参考にしつつ、プランを選択です。

» UCSSを試してみる←中国でネットを快適に使いたい人向け。「Shadowscoks」を標準装備。速度も爆速で快適。

通信容量が無制限でコスパを求める人におすすめ

SurfsharkとNordVPNは、容量無制限でコスパを求める人におすすめです。

Surfsharkは、設定がやや面倒ですが、格安で「Shadowscoks」を使うことが出来ます。

NordVPNに至っては、アプリから簡単に「難読化サーバー」に接続することが出来ます。

Surfshark、NordVPNは、容量無制限かつ、中国でアクセス制限を突破する機能をもっているVPNなので、コスパ最強です。

格安で、「Shadowscoks」を使える

中国に長期滞在する予定でコスパを求める。

容量無制限で、格安で「Shadowscoks」を使うことが出来る。設定が面倒。
» Surfsharkを試してみる※長期プランのみ30日感返金保証あり

簡単な設定で「難読化サーバー」を使える

簡単な設定で、容量無制限のVPNを使いたいなら、NordVPNです。

中国に長期的に滞在する予定でコスパを求める。容量無制限で簡単に「難読化サーバー」が使える。
» NordVPNを試してみる※30日感返金保証あり

以上で終わりです。
中国で、快適なネットライフを!(`・ω・´)ゞ

コメントする

*必須

メールアドレスは、公開されません

内容を確認してから送信してね